普段の生活からチェック!ほうれい線ケアに取り入れたいポイント

顔のしわは早めのケアが大切

ほうれい線のしわが目立ってしまっては年を取ったような印象を与えるので、できるだけ避けたいですよね。加齢とともにしわは消えにくくなります。早めのケアで予防をしましょう。

日常のくせを見直そう

ほうれい線が気になり始めたら、日常のくせをチェックしてみるのも大切な一歩です。普段デスクワークが中心であまり言葉を話す時間が少ない人は、顔や口周りの筋肉が硬くなっています。筋肉が硬いと、しわやたるみの原因になることも。マッサージやエクササイズを定期的に行って、筋肉を柔らかくしましょう。

保湿が足りていないのかも

ほうれい線の原因は、肌の保湿不足が1つの理由になります。乾燥肌の人なら朝晩のケア以外にも気づいたときに保湿美容液やクリームを塗る習慣をプラスしましょう。特に秋冬は空気が乾燥するので乾燥肌の人にとってつらい時期です。加湿器をセットしたり、机に水の入ったコップを置くだけでも加湿の手助けになります。できるだけ室内の湿度を40~50%にキープするよう心がけましょう。

ビタミンを取り入れて美容に活かそう

野菜や果物に豊富に含まれているビタミンは、肌の活性化を大きくサポートしてくれます。ビタミンA、B、C、Eを豊富に取り入れましょう。抗酸化作用や免疫力アップに役立ちます。ビタミンBやCは水溶性なので野菜を水洗いしているだけでも流れ出ていきます。手早く調理して、ビタミンを摂り損なわないように気をつけましょう。どうしても普段の食事ではカバーしきれなければサプリを飲むのも一つの手です。飲み過ぎは体に負担になるので、規定量はしっかり守るのがポイントです。

しわは年齢を重ねると、目尻や口元に表れます。化粧水や乳液などの通常のスキンケアに加えて、スペシャルケアをすることで、しわは薄くなります。年齢サインが出始めたら、美容液などを使うのがおすすめです。