目の健康を損なわずにカラコンを楽しみましょう

瞳のおしゃれに満足していると!?

黒目を大きく見せたり、本来の瞳の色とは異なった色のレンズを入れることでハーフ顔にすることができるカラコン。カラコンをつけるだけで顔の印象が劇的に変わるので、出かける時には裸眼で出かけることはできない!という人も多いですよね。しかし、目の中に直接入れるものだからこそ、取り扱いには細心の注意を払わなくてはいけません。とはいっても、マニュアルに沿って普通に使っておけばまず問題が起こることはないので、気にしすぎないことが大切です。もしカラコンの着用中に少しでも痒みを感じたら、我慢しないですぐに外してくださいね。

痒みの原因と対処法は?

カラコンを装着中に感じる痒みの中で、おそらく最も多い原因と言われているのがドライアイです。カラコンをつけていると、レンズの方に涙から補給される水分が吸収されてしまうので、眼球に必要な水分が届かなくなり、ドライアイの症状を訴えるようになるのです。カラコンにはレンズが必要とする水分が少なくて済む低含水率レンズがあるので、これを使うことでドライアイを予防することができますね。もしドライアイになってしまっても、ドライアイ用の目薬をこまめに点眼しておけば大丈夫ですよ。他の原因としては、結膜炎があります。これはワンデーのカラコンを勿体ないからといって何日間も使い続けたり、長時間連続で装着し続けるなど、間違った使い方をするとなりやすいので、普段から正しい使い方をしておけば大丈夫です。これも目薬で治せます。

ケガや病気でMRIの検査を受ける時がありますが、カラコンには金属が含まれており、強力な磁気と金属が反応して発熱し、やけどをします。従ってMRI検査時には外す必要がありますので注意しましょう。